【ヤマダ電機】 驚きの店舗数とは?

【ヤマダ電機】 驚きの店舗数とは?

 

この動画の内容を文字で読む
【1】
今回は、株式会社ヤマダ電機の店舗戦略を分析していきます。
【2】
ヤマダと言えば、家電量販店の圧倒的最大手。2位のビッグカメラの2倍以上の売上を誇ります
【3】
その理由の1つは圧倒的な店舗数。一体何店舗あるのでしょうか?
【4】
答えは、およそ12,000店。
【5】
店舗内訳を見ると、およそ9割が「コスモス・ベリーズFC」となっています。
【6】
コスモス・ベリーズは、いわゆるボランタリーチェーンで、地域の家電販売店を組織化し、売上や利益の一部をヤマダがもらいます。
【7】
その代わり、販売店はヤマダの仕組みを活用して仕入価格が抑えられるなど、様々なメリットを得ることが出来ます。ヤマダにとっても加盟店にとっても、お互いにメリットのある仕組みですね!
【8】
以上、株式会社ヤマダ電機の店舗戦略についてお送りしました。

この動画も一緒に見られています

  1. 【三越伊勢丹】大手百貨店の2年連続日本一とは?

  2. 【モロゾフ】こんな方法あり!?ユニークな新サービスとは?

  3. 【アマゾン】クラウドサービスを席捲するアマゾン

  4. 【ローソン】コンビニ×〇〇!中に入るキーワードは?

  5. 【アマゾン】アマゾンが手掛ける事業の広がりは?

  6. 【ジンズ】眼鏡業界の価格破壊はなぜ成功したか?