【ヤマダ電機】家電量販店最大手が挑む、新たな市場とは!?

【ヤマダ電機】家電量販店最大手が挑む、新たな市場とは!?

 
この動画の内容を文字で読む
【1】
今回は、株式会社ヤマダ電機の次の一手についてお送りします。
【2】
ヤマダは2005年に、国内の専門量販店として初の売上1兆円を達成し、2010年には2兆円に到達しました。しかし、近年はネット通販に押され、売上は低迷しています。
【3】
そこでヤマダは新しい市場に参入することを決めますが、それはどれでしょうか?
A 介護市場
B IT市場
C 不動産市場
【4】
答えはCの「不動産市場」
【5】
「住まいに関する家1軒まるごとのサービス」を提供するため、2011年に住宅メーカーを買収してスタートしました。
【6】
現在では、スマートハウスを手掛けるヤマダ・ウッドハウス
【7】
住宅ローンを取り扱うヤマダファイナンスサービス
【8】
不動産売買の仲介を行うヤマダ不動産を展開しています。
【9】
家電から事業を広げるヤマダにこれからも注目ですね!
【10】
以上、株式会社ヤマダ電機についてお送りしました。

この動画も一緒に見られています

  1. ワコールの決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

  2. 東京エレクトロン、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  3. ヤクルト、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  4. 【DeNA】「永久ベンチャー」ならではの事業とは!?

  5. 新田ゼラチン、赤字の原因とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

  6. JR東海を1分動画で解説!