【豊田通商】トヨタ自動車との関係性はあり?なし?

豊田通商を動画で解説!

 
この動画の内容を文字で読む
【1】
今回は「豊田通商株式会社」についてご紹介します。
【2】
7大商社の1つである豊田通商。トヨタ自動車と同じ「豊田」が社名に入っており、本社も同じ愛知県にあります。
【3】
では、トヨタ自動車とはどのような関係性があるのでしょうか?
A:子会社
B:関連会社
C:関係性なし
【4】
答えはBの「関連会社」
【5】
トヨタ自動車は豊田通商の株式の20%強を持っており、豊田通商の利益の20%強相当がトヨタ自動車の利益として取り込まれることになります。
【6】
豊田通商の起源は、トヨタ自動車のお客に車の購入資金を貸出していた金融会社にあり、その後、トヨタのグローバル化に伴い海外進出を加速していきました。
【7】
現在は、自動車以外にも6つの事業を手掛け、アフリカを含む世界中で展開しています。
【8】
以上、「豊田通商株式会社」についてお送りしました。

この動画も一緒に見られています

  1. 油研工業、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  2. MORESCOの決算を支えた主力事業とは?
    2018年2月期 決算&業績分析

  3. ブリヂストンを1分動画で解説!

  4. 日本郵政の売上低迷の原因を分析!
    2018年3月期 決算&業績分析

  5. セイコーマートを動画で解説!

  6. 【ニコン】カメラで有名なメーカーが手掛ける先端医療とは?