【鳥貴族】ビジネスモデル編

【鳥貴族】ビジネスモデル編

 
この動画の内容を文字で読む
【1】
今回は、株式会社鳥貴族のビジネスモデルについてご紹介します。
【2】
早速ですが、鳥貴族で最も利益が出る商品はどれでしょうか?
A アルコール類
B 焼き鳥類
C ご飯類
【3】
答えはBの焼き鳥類です。
【4】
一般的な居酒屋では、アルコール飲料の利益が多いと言われています。居酒屋のお酒は自分で買うより割高ですよね。
【5】
しかし、鳥貴族の社長は「ターゲットである若者は、アルコールの価格に敏感である」ことを踏まえ、アルコールは原価ギリギリで設定しています。
【6】
主な利益は焼き鳥で、電気グリラーへの設備投資や、チェーン展開による規模の経済により、看板商品で儲ける、まさに王道の戦略を実現しています。
【7】
以上、株式会社鳥貴族についてお送りしました。

この動画も一緒に見られています

  1. エンシュウの決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

  2. 綿半、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  3. 日本航空電子の決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

  4. 【キリン】大手ビール会社と財閥の関係に迫る!!

  5. エコス、最高益の理由に迫る!
    2018年2月期 決算&業績分析

  6. 電通の平均年収・従業員数・勤続年数・平均年齢を紹介 | 2018年12月期