大成温調の売上急落の原因を解説!2018年3月期 決算&業績分析

大成温調の売上急落の原因を解説!
2018年3月期 決算&業績分析

この動画の内容を文字で読む
今回は「大成温調株式会社」の業績を分析します。
大成温調の直近5年間の売上推移を見ると、前期から急落しており、
当期の売上は、519億円となっています。
また、純利益推移を見ると、
当期の純利益は、19億円であり、
変動幅が大きくなっています。
では、大成温調の売上が急落した原因はなんでしょうか?
答えは、日本事業における、国内事業の売上不振です。
大成温調の売上減少を事業別に分析すると、
設備工事や不動産賃貸などを行う、
日本事業の減少幅が、特に大きくなっています。
なお、大成温調の事業別の売上と利益を見ると、
日本事業が売上・利益ともに最大となっており、
大成温調の中核事業と言えるでしょう。

この動画も一緒に見られています

  1. マイスターエンジニアリング、最高益の理由に迫る!
    2018年2月期 決算&業績分析

  2. ソフトバンクグループの決算から、売上・利益・業績推移を分析 | 2019年3月期

  3. 日本鋳鉄管、赤字の原因とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

  4. 井村屋グループ、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  5. 日本ハウズイング、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  6. 【東京建物】意外な「日本第1号」となった試みは?