【ソフトバンク】中国アリババ投資による驚きの利益額とは?

【ソフトバンク】中国アリババ投資による驚きの利益額とは?

 
この動画の内容を文字で読む
【1】
今回は、ソフトバンクグループ株式会社のファンド事業についてご紹介します。
【2】
ソフトバンクは携帯電話事業のほか、ファンド事業も行っています。
【3】
中でも特に有名な投資先が、中国のIT企業であるアリババグループ。アリババは電子商取引、いわゆるeコマースサイトの運営を中心に事業を展開しています。
【4】
アリババの創業者ジャック・マー氏とソフトバンクの孫社長は2000年に出会い、孫社長は5分で出資を即決したといわれています。
【5】
さて、そのアリババ株式、ソフトバンクの取得原価は20億円でしたが、2017年11月末でいくらになっているでしょうか?
【6】
答えは、およそ15兆円。
【7】
内訳は、2016年に売却した1兆円、2017年11月末も保有している14兆円です。ソフトバンクの今後の投資先にも注目ですね!
【8】
以上、ソフトバンクグループ株式会社についてお送りしました。

この動画も一緒に見られています

  1. 森永乳業、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  2. 五洋建設、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  3. 遠藤照明の決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

  4. 【双日】中堅総合商社の国内シェア1位事業とは!?

  5. 能美防災、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  6. 近畿車輛、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

BOC特集動画シリーズ

業種から探す