【リコー】360°カメラの会社が挑む新印刷市場とは?

【リコー】360°カメラの会社が挑む新印刷市場とは?

 
この動画の内容を文字で読む
【1】
今回は「株式会社リコー」についてご紹介します。
【2】
リコーは複合機をはじめ、プリンター、プロジェクターなどオフィスに欠かせない商品やサービスを展開する精密機器メーカーです。
【3】
そんなリコーが、2016年頃から注力している新たな印刷市場があります。それはどんな市場でしょうか。
【4】
答えは「紙以外」の印刷市場です。業界では「産業用インクジェット印刷市場」と呼ばれています
【5】
技術革新により誕生した特殊なインクを使用することで、紙だけでなく、布、プラスチック、ガラスなど、様々なモノに直接印刷できるようになり、Tシャツや建築材料などの印字の幅が広がりました!以上、「株式会社リコー」についてお送りしました。

この動画も一緒に見られています

  1. 【JTB】日本最大級の非上場企業の最多株主、知ってますか?

  2. 岩崎電気の決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

  3. 日本鋳鉄管、赤字の原因とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

  4. 第一工業製薬、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  5. フリューの決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

  6. 【オリンパス】なくてはならない企業と言われる理由は?

BOC特集動画シリーズ

業種から探す