【小田急】電車・バス事業より大きな収益源とは??

小田急の流通事業より大きな収益源を解説!

 
この動画の内容を文字で読む
【1】
今回は「小田急電鉄株式会社」についてご紹介します。
【2】
小田急は1日約200万人を運ぶ一大路線。沿線には高級住宅街も多く、1人あたりの所得指数は全国平均の約1.4倍もあるそうです。
【3】
そんな小田急、実は電車やバスなどの運輸業よりも営業収益が高い事業があります。それはなんでしょうか?
【4】
答えは「流通業」
【5】
小田急百貨店などの流通業が、運輸業よりも大きな割合を占めています。
【6】
ただし、利益の割合は逆転します。運輸業は安定した収益源につながることがわかりますね!ちなみにJR東日本は運輸事業が営業収益の約7割を占め、同じ鉄道会社でもかなり違いがある事がわかります。以上、「小田急電鉄株式会社」についてお送りしました。

この動画も一緒に見られています

  1. 盟和産業の決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

  2. アジアパイルの売上が連続成長する理由は?
    2018年3月期 決算&業績分析

  3. トヨタ自動車を1分動画で解説!

  4. アミューズの決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

  5. 【JTB】日本最大級の非上場企業の最多株主、知ってますか?

  6. 三菱東京UFJの収益源を1分動画で解説!