【大林組】スカイツリーを作ったゼネコンの企業理念

【大林組】スカイツリーを作ったゼネコンの企業理念

 
この動画の内容を文字で読む
【1】
今回は「株式会社大林組」についてご紹介します。
【2】
大林組は年間2兆円近い受注高を誇る、日本最大のゼネコン。東京スカイツリーや東京湾アクアラインなど、数多くの建造物を手掛けています。
【3】
ここで問題です。大林組の企業理念は「ほにゃらら」リーディングカンパニーですが、次のどれが当てはまるでしょうか?
A:人材に誠実な
B:技術に優れた
C:地球に優しい
【4】
答えはCの「地球に優しい」です。
【5】
大林組はコーポレートレポートで「CO2排出量」や「水使用量」などを公開しており、環境に配慮した経営をしていることがわかります。また、環境管理責任者の設置や、建設現場での省燃費運転を推進するなど、様々な対策を行っています。以上、「株式会社大林組」についてお送りしました。

この動画も一緒に見られています

  1. 日本ヒュームの決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

  2. ジャノメミシンの決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

  3. ミライト、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  4. ホーチキの売上が連続成長する理由は?
    2018年3月期 決算&業績分析

  5. トピー工業の決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

  6. 安川電機、最高益の理由に迫る!
    2018年2月期 決算&業績分析