【野村】個人向け證券営業を上回る事業とは!?

【野村】個人向け證券営業を上回る事業とは!?

 
この動画の内容を文字で読む
【1】
今回は「野村HD株式会社」についてご紹介します。
【2】
野村HDは野村證券を中心とした金融グループで、
【3】
野村證券といえば、個人向け投資営業のイメージが強いのではないでしょうか?
【4】
では、個人向け営業の収益が野村HD全体に占める割合は何%でしょうか?
【5】
答えは「31%」。なんと3分の1以下に留まります。
【6】
実は、セグメント別収益割合を見ると、法人向け営業のホールセール部門が半分以上を占めています。
【7】
ホールセール部門は、グローバル・マーケッツ、インベストメント・バンキングという2部門に分けられ、
【8】
グローバル・マーケッツは、デリバティブなど複雑な金融商品の企画・販売を
【9】
インベストメント・バンキングは、M&Aや、株と債券の発行サポートを行っています。以上、「野村HD株式会社」についてお送りしました。

この動画も一緒に見られています

  1. リクルートの平均年収・従業員数・勤続年数・平均年齢を紹介 | 2019年3月期

  2. 東鉄工業、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  3. WDB、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  4. 石塚硝子、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  5. エコートレーディングの商品別売上に迫る!
    2018年2月期 決算&業績分析

  6. 日本ピラー、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析