KeyHolder、最高益の理由に迫る!2018年3月期 決算&業績分析

KeyHolder、最高益の理由に迫る!2018年3月期 決算&業績分析

この動画の内容を文字で読む
今回は「株式会社KeyHolder」の業績を分析します。
キーホルダーの直近5年間の売上推移は、前期から急落であり、
当期の売上は、195億円となっています。
しかし、純利益推移を見ると、
当期の純利益は、12億円であり、
過去5年で、最高益を達成しています。
では、キーホルダーの最高益の理由はなんでしょうか?
答えは、子会社「アドアーズ」株の全売却に伴う、関連会社株式売却益の増加です。
前期からの利益増加を項目別に分析すると、
関連会社株式売却益が13億9000万円増加し、最高益に貢献したことがわかります。
なお、キーホルダーの事業別の売上と利益を見ると、
売上は総合エンターテインメント事業が最大ですが、
利益では不動産事業の比率が高くなっています。

この動画も一緒に見られています

  1. アトミクスの決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

  2. リニカルの売上が連続成長する理由は?
    2018年3月期 決算&業績分析

  3. 有沢製作所の決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

  4. 早稲田アカデミー、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  5. nms、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  6. 三菱食品の決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析