日本紙パルプ商事、最高益の理由に迫る!2018年3月期 決算&業績分析

日本紙パルプ商事、最高益の理由に迫る!
2018年3月期 決算&業績分析

この動画の内容を文字で読む
今回は「日本紙パルプ商事株式会社」の決算を分析します。
日本紙パルプ商事の直近5年間の売上推移は、概ね横ばいであり、
当期の売上は、5220億円となっています。
また、純利益推移を見ると、
当期の純利益は、62億円であり、
過去5年で、最高益を達成しています。
では、日本紙パルプ商事の最高益の理由はなんでしょうか?
答えは、資源及び環境事業における古紙価格の上昇などです。
前期からの利益増加の内訳を見ると、
古紙・パルプなど原燃料の販売を行う、資源及び環境事業の影響が大きくなっています。
なお、日本紙パルプ商事の事業別の売上と利益を見ると、
国内卸売事業が売上・利益ともに最大となっており、
日本紙パルプ商事の中核事業と言えるでしょう。

この動画も一緒に見られています

  1. 【伊藤園】お茶から出るゴミ“茶殻”がまさかの大変身!?

  2. 武田薬品工業の薬局販売商品の売上比率について1分動画で解説!

  3. TIS、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  4. 奥村組、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  5. 【キリン】大手ビール会社と財閥の関係に迫る!!

  6. エレマテックの決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

BOC特集動画シリーズ

業種から探す