カドカワを1分動画で解説!


この動画の内容を文字で読む
【1】
今回はカドカワ株式会社の歴史についてご紹介します。
【2】
カドカワは、1945年に本屋の角川書店として創業し、後に、出版事業を行なう角川文庫を創刊しました。
【3】
では、角川文庫が最初に手掛けた本は、次のうちどれでしょうか。
A 坊ちゃん
B 罪と罰
C 銀河鉄道の夜
【4】
答えはBの罪と罰。ドストエフスキーによる長編小説です。
【5】
その後、映画とのメディアミックスにも積極的に取り組み、小説を原作に映画を次々と製作しました。さらに、1982年頃からは情報誌を世に出し、「東京ウォーカー」でヒットをおさめます。
【6】
近年では、アニメ、ドラマ、ゲーム分野にも展開し、総合メディア企業に発展。2014年にはニコニコ動画の運営元であるドワンゴと経営統合し、インターネットサービスにも進出、紙媒体にとどまらず幅広い事業を行っているのですね!
【7】
以上、カドカワ株式会社の歴史についてお送りしました。

もっと「カドカワ」の動画を見る!

この動画も一緒に見られています

  1. 【ソフトバンク】携帯電話だけじゃない!意外な事業に迫る!

  2. 【NTTドコモ】携帯1位の時流に合わせた収入源とは?

  3. 【ソフトバンク】中国アリババ投資による驚きの利益額とは?

  4. 【ソフトバンク】創業時、孫正義は何をしていた?

  5. 【富士通】パソコンやスマホを凌ぐ主力商品とは!?

  6. 【ソフトバンク】実はあの事業も!?孫正義の買収劇