歌舞伎座の売上低迷の原因を分析!2018年2月期 決算&業績分析

歌舞伎座の売上低迷の原因を分析!
2018年2月期 決算&業績分析

この動画の内容を文字で読む
今回は「株式会社歌舞伎座」の決算を分析します。
歌舞伎座の直近5年間の売上は、毎期連続で減少しており、
当期の売上は、40億円となっています。
また、純利益推移を見ると、
当期の純利益は、3.58億円であり、
変動幅が大きくなっています。
では、歌舞伎座の売上が減少を続ける原因はなんでしょうか?
答えは、食堂・飲食事業における、ケータリングの縮小などです。
歌舞伎座の売上減少を事業別に分析すると、
食堂、飲食店舗の運営を行う、
食堂・飲食事業の減少幅が、特に大きくなっています。
なお、歌舞伎座の事業別の売上と利益を見ると、
不動産賃貸事業が売上・利益ともに最大となっており、
歌舞伎座の中核事業と言えるでしょう。

この動画も一緒に見られています

  1. 大和ハウス、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  2. オリエンタルランドの決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

  3. ニッタ、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  4. チヨダの決算を支えた主力事業とは?
    2018年2月期 決算&業績分析

  5. 【大日本印刷】印刷に並ぶもう一つのコア技術とは?

  6. ドトール日レス、最高益の理由に迫る!
    2018年2月期 決算&業績分析