【ジンズ】眼鏡業界の価格破壊はなぜ成功したか?

【ジンズ】眼鏡業界の価格破壊はなぜ成功したか?

 
この動画の内容を文字で読む
【1】
今回は「株式会社ジンズ」の価格戦略についてご紹介します。
【2】
ジンズは5000円以下でもメガネが買える圧倒的な安さが売りです。特に、「レンズの度数や厚さに関わらず追加料金0円」としたことは、業界の常識を覆し、多くの支持を集めました。
【3】
さて、ジンズは追加料金0円を実現するため、ある方法でレンズの仕入価格を下げたのですが、その方法とはなんでしょう?
【4】
答えは、「仕入先を1社に絞る」です。
【5】
従来、レンズは度数や厚さに合わせて、仕入先を変えるのが一般的でした。しかしジンズは、最も安く売ってくれる会社に集中発注することで、仕入価格を抑えました。
【6】
他にも、商品の企画から販売まで自社で全て行うなどして、価格低減に取り組んでいます。
【7】
以上、「株式会社ジンズ」についてお送りしました。

この動画も一緒に見られています

  1. アークランドサカモトの決算を支えた主力事業とは?
    2018年2月期 決算&業績分析

  2. 日本郵政の売上低迷の原因を分析!
    2018年3月期 決算&業績分析

  3. 文化シヤッターの売上が連続成長する理由は?
    2018年3月期 決算&業績分析

  4. ドトール日レス、最高益の理由に迫る!
    2018年2月期 決算&業績分析

  5. 【任天堂】スイッチやマリオに繋がる、 任天堂、最初の商品とは?

  6. 住友商事を動画で解説!