バレンタインのユニークな企業広告を集めてみた

いろいろ明日はバレンタインデー!

女性の皆さん、チョコを贈る相手は決めていますか?そして男性の皆さん、今年は何個のチョコレートが貰えるでしょうか?(ここ何年か義理チョコしかもらっていない私には縁遠い話ですが…(笑))

さて、女性が心を寄せる男性へチョコレートを贈る日としてスタートした日本式のバレンタインデーですが、「義理チョコ」や「友チョコ」、さらには「自分チョコ」などの派生も一般的になり、今では何と経済効果1,000億円とも言われる一大イベントになりました。

製菓メーカーにとってはビッグチャンスの一日。広告キャンペーンにも余念がありません。そこで今回は、製菓メーカーのユニークなキャンペーンやキャッチコピーを紹介します。皆さんの仕事のヒントになるものがあるかもしれません。

日本で最初のバレンタインデー広告

「バレンタインデーにチョコレートを贈る」というスタイルを日本で初めて紹介したのは、神戸のチョコレートショップとして創業したモロゾフです。

欧米では2月14日に愛する人に贈りものをする、という習慣を米国人の友人から聞き知ったモロゾフの創業者は、「この素晴らしい贈りもの文化を日本でも広めたい」と考え、1932年に日本で初めて、上記のスタイルを提案します。

そして36年には英字新聞「ジャパンアドバイザー」にバレンタインデー広告を掲載。これが日本で最初のバレンタインデーの広告キャンペーンと言われています。

左が36年当時のキャンペーン広告。右は戦前に発売されていたチョコレート

バレンタインデーの火付け役

戦後になると、バレンタインデー文化は日本全国へ広まっていきます。その火付け役といえるのが森永製菓。女性週刊誌『女性自身』でのバレンタインデー広告など、マスメディアを活用した大々的な広告宣伝を行い、バレンタインデーが全国的な行事として定着するきっかけを作りました。

当時森永が出していた広告の一つ

現代のユニークな広告キャンペーン

そして現代。消費者ニーズの多様化などにより、広告キャンペーンはよりユニークなものに進化しています。ここからは、そんな一例を過去のものも含めてご紹介したいと思います。

義理チョコ廃絶?ゴディバの新聞広告

2018年2月1日の日本経済新聞に掲載されたゴディバの一面広告。「日本は、義理チョコをやめよう。」と、企業管理職の男性に向けて強烈なメッセージが発せられています。

ゴディバジャパン

チョコを贈る側の女性ではなく、貰う側の男性に向けられた広告、というのも斬新ですが、「同感」「義理チョコ制度は悪いことだけじゃない」など、ネットを中心に賛否両論が飛び交い、大きな話題を生んでいます。

破壊力抜群のキャッチコピー:有楽製菓

同じくネットでの話題性という点では、有楽成果「ブラックサンダー」の広告キャッチも欠かせません。

有楽製菓

「大切なあの人にチョコレートを贈る(=本命チョコ)」という意の広告が街中を飾るなか、「一目で義理とわかるチョコ」という破壊力抜群のキャッチコピーは、見る人に強烈な印象を与えました。

バレンタインデーの王道をいくモロゾフ

意外性の高い広告キャンペーンが世を騒がせる中、本家モロゾフの2018年キャンペーンは上品さを感じさせる正統派スタイル。

モロゾフ

経営のポジショニング、マーケティングにおける顧客レイヤーの違いがよくわかりますね。

そんなモロゾフ、「そんなのあり?」という意外な販売手法を開始予定です。それは何か、この動画をご覧ください!

小売とのタイアップ!:明治

チョコレートも商品である以上、小売店との連携も重要。
サークルKサンクスと明治製菓のタイアップ企画「No.1デコ バレンタイン フォトコンテスト」は、明治製菓のチョコレートを使って「デコチョコ」を作ってもらい、写真を投稿してもらうというもの。

より購買シーンに近い小売店と連携することで、シナジーを発揮しようとしているのがよくわかりますね。

さて、持株会社の明治ホールディングスは、様々な商品で市場のリーダー的存在。こちら動画でサクッと学んでみましょう!

ケーキもありでしょ!:不二家

バレンタインデーで売り上げを伸ばす企業はチョコレートメーカーだけではありません。ミルキーやポップキャンディなどで有名な不二家も、バレンタインデー向けのキャンペーンを実施しています。

そんな不二家、じつはある商品の生みの親である事をご存知でしょうか?その意外な事実を、ぜひこの動画で確かめてください!

非リア充だって楽しみたい!:森永

恋人写真コンテストなど、いわゆる「リア充」を対象にしたキャンペーンが多いバレンタインデーですが、「非リア充」にも焦点をあてたのが、森永製菓の「告白!恋チョコ&痛チョコバナシ」です。

「痛チョコ編」の投稿の中には、

「中学生の頃に好きだった人にチョコを渡そうと思って追いかけたら、その人が歩くの速くて追いつけず…。次の日、ストーカーという噂が広まった・…。(北海道ファーファさん)」

など、なかなかに痛いものも多数(笑)。

森永製菓では、ある戦略をとることで持続的な会社成長を遂げています。その戦略とは?こちらの動画で学んでみてください!

・経済効果:https://jobrass.com/magazine/research/4100/
・キャンペーンまとめ:http://www.tribalmedia.co.jp/blog/?p=10115
・モロゾフ広告:http://www.morozoff.co.jp/quality/valentine/
・森永広告:https://www.morinaga.co.jp/company/about/history02.html
・ゴディバキャンペーン:https://www.buzzfeed.com/jp/harunayamazaki/godiva-girichoco?utm_term=.ujzj6wMrw#.ibpgloX5o
・ブラックサンダー:https://adgang.jp/2016/03/119475.html
・モロゾフキャンペーン:http://www.morozoff.co.jp/quality/valentine_cpn/
・不二家キャンペーン:https://www.fujiya-peko.co.jp/valentine/