日本のビジネスの黒子「三菱グループ」について調べてみた

日本のビジネスを支える立役者、三菱グループ。メガバンクの筆頭・三菱東京UFJ銀行をはじめ、ビジネスニュースで「三菱印」を見ない日はないという程、経済に深く関わっていますよね。

ところが「三菱グループとは?」と聞かれて、すぐに説明できる人は案外少ないのではないでしょうか?そこで今回は三菱グループの成り立ちや主要企業について、ご紹介していきたいと思います!

そもそも三菱グループとは?

意外と定義があいまいな三菱「グループ」


三菱「グループ」というと、財閥のようなものを連想する方もいらっしゃると思いますが、日本では財閥は戦後GHQの戦略により解体され、その後も法律で禁止されているためこのイメージは誤り。

三菱グループのポータルサイトによると、「三菱グループ」の定義に明確なものはないそうです。
例えば会長・社長を会員とする親睦会「三菱金曜会」に属するという意味では28社、共同で広報活動を行う三菱広報委員会への所属という意味では約40社と、切り口によって定義はさまざま。

「三菱グループ会社検索」を見てみると、対象企業約650社を三菱グループと総称。これらは三菱金曜会とその関連会社により構成されているそうです。ちなみに三菱金曜会の所属企業はこちら。

三菱重工業株式会社、三菱倉庫株式会社、株式会社三菱東京UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行株式会社、三菱マテリアル株式会社、三菱地所株式会社、三菱電機株式会社、三菱商事株式会社、JXTGホールディングス株式会社、株式会社三菱ケミカルホールディングス、旭硝子株式会社、三菱ケミカル株式会社、三菱製鋼株式会社、三菱製紙株式会社、三菱化工機株式会社、三菱ガス化学株式会社、日本郵船株式会社、東京海上日動火災保険株式会社、明治安田生命保険相互会社、キリンホールディングス株式会社、株式会社ニコン、三菱自動車工業株式会社、三菱ふそうトラック・バス株式会社、三菱アルミニウム株式会社、株式会社ピーエス三菱、株式会社三菱総合研究所、三菱UFJ証券ホールディングス株式会社、郵船ロジスティクス株式会社

キリンホールディングスやニコンなど、三菱の名前やロゴを関していない企業も名を連ねているのが興味深いですね!

三菱の成り立ちは?


三菱のはじまりは明治時代までさかのぼります。
1870年、土佐藩(現在の高知県)が始めた海運事業「九十九商会(つくもしょうかい)」がそもそもの始まり。高知-神戸間、東京-大阪間の貨客輸送を担いつつ、外国商館や大阪商人らとの商品売買などをなりわいとしていました。

1871年、廃藩置県により土佐藩が廃止されると、九十九商会は個人に属するようになります。そして1873年に社長に就任したのが、あの岩崎彌太郎(いわさきやたろう)です。岩崎は九十九商会を「三菱商会」と改称し、炭鉱や造船、保険、為替と事業を多角化。今日の三菱グループの礎を作り上げました。

なお、あの三菱マークは九十九商会が船旗号として採用した三角菱が原型。さらにこの由来は岩崎家の家紋「三階菱」と土佐山内家の家紋「三ツ柏」だそうです。

三菱商事


続いて、個別の主要企業について見ていきましょう!
三菱商事は国内外に200超の拠点をもつ、日本有数の総合商社。連結の従業員数は2017年3月31日時点で77,164名、売上高は20兆円超え(連結)と、もはや小さな国レベルの規模。

こちらの動画では、三菱商事の規模感をよりわかりやすく紹介していますのでぜひご覧ください。

三菱UFJフィナンシャル・グループ


三菱UFJフィナンシャル・グループは、三菱東京UFJ銀行などの持株会社。銀行や証券、カード、消費者金融、リース、資産運用など、主要金融分野でトップクラスの企業の集合体で、グループでさまざまな金融サービスを展開しています。

そんな三菱UFJフィナンシャル・グループにおいて、最大の稼ぎ頭とは?ぜひこちらの動画でチェックしてみてください!

三菱地所


三菱地所は、東京駅西側の丸の内一帯を中心に不動産事業を展開する企業。丸の内仲通りや「MARK IS みなとみらい」、「GINZA KABUKIZA」など手掛けたプロジェクトは数知れず!

こちらの動画では、少し変わった観点で、三菱地所のすごさを紹介しています。こちらも要チェックです!

三菱重工


三菱重工は「この星に、たしかな未来を」のステートメントのもと、年間約4兆円の売上高を上げるマンモス企業。

とはいえ、「実際のところ、何をしている会社なの?」という方も多いはず。こちらの動画では、そんなもモヤモヤをスッキリ解決できます!

まとめ

ここまで、三菱グループのそもそもの話と主要企業について、ざっくりとご紹介してきました。何か一つでも、新しい気づきがあったでしょうか。

このコーナーでは、これからも皆さんのビジネスの発見につながる情報をお届けしていきます!