【IBM】外資IT企業が3,000億円を投資する最新技術とは?

【IBM】外資IT企業が3,000億円を投資する最新技術とは?

 
この動画の内容を文字で読む
【1】
今回は「インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーション、通称IBM」についてご紹介します。
【2】
IBMはIT関連の製品やサービスを提供する会社で、ITインフラや、クラウド、モバイルなどのビジネスを展開しています。
【3】
過去にはパソコンの製造も行っていましたが、2005年にレノボに売却しています。
【4】
そんなIBMは現在ある最新技術に力を入れていますが、それはなんでしょうか?
【5】
答えは「AI」人工知能です。
【6】
IBMは「AI」を「拡張知能」と定義し、自社で製作するワトソンというAIの研究に3,000億円以上の投資を行っています。
【7】
具体的な活用事例としては、ヒルトンホテルではワトソンと連携したロボット・コンシェルジュが試験運用されております。以上、「IBM」についてお送りしました。

この動画も一緒に見られています

  1. AGSの売上が連続成長する理由は?
    2018年3月期 決算&業績分析

  2. 【ローソン】コンビニ×〇〇!中に入るキーワードは?

  3. 明治の業界1位を1分動画で解説!

  4. 【住友電気工業】ケーブルに強い!非鉄金属No.1の秘訣は?

  5. 【リコー】360°カメラの会社が挑む新印刷市場とは?

  6. 【大阪ガス】関西老舗企業の大いなる野望とは!?