【古河電気工業】時代に先駆けて培ってきた技術とは

【古河電気工業】時代に先駆けて培ってきた技術とは

 
この動画の内容を文字で読む
【1】
今回は古河電気工業株式会社についてお送りします。
【2】
古河電工は、情報通信、エレクトロニクス、自動車部品分野等を事業領域とする非鉄金属メーカーです。
【3】
代表的な製品には、自動車のワイヤーハーネスや、光ファイバーなどが挙げられ、それぞれトップレベルの世界シェアを誇ります。
【4】
そんな古河電工、1960年代から50年以上、絶えず研究開発を重ねている分野があります。それは次のうちどれでしょうか
A 超電導技術
B 二次電池技術
C ナノテクノロジー
【5】
答えはAの「超電導技術」
【6】
超電導とは、ある温度以下で電気抵抗がゼロになる現象のことで、それにより送電ロスを大幅に低減することが可能となります。
【7】
CO2の大幅削減に繋がることは勿論、MRIやリニアモーターカー等、多様な分野でも応用が期待されます。
【8】
以上、古河電気工業株式会社についてお送りしました。

この動画も一緒に見られています

  1. 片倉コープの決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

  2. 不動テトラの決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

  3. 日本伸銅、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  4. 三菱ロジスネクストの決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

  5. タチエス、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  6. 電通の平均年収・従業員数・勤続年数・平均年齢を紹介 | 2018年12月期