不二家が変えたお菓子の歴史

不二家が変えたお菓子の歴史

この動画の内容を文字で読む
【1】
今回は「株式会社不二家」の歴史に迫ります。
【2】
不二家は明治43年に横浜で創業。ミルキーやポップキャンディ、ネクター、カントリーマアムなど「誰もが聞いたことがあり、他の競合がいない」製品を得意としています。
【3】
さて、そんな不二家、実は「ある商品」を日本で初めて発売しました。それはなんでしょうか?
A チョコレート
B ショートケーキ
C キャラメル
【4】
答えはB ショートケーキ。
【5】
大正11年に創業者の藤井林右衛門(ふじい りんえもん)が日本式のショートケーキを発案。アメリカではビスケット生地が一般的だったものを、日本人の口に合うよう、柔らかいスポンジ生地に変えて売り出しました。
【6】
ちなみに、マスコットキャラクターのペコちゃん、実は昭和25年から登場しており、各店舗に置かれている人形は、触れると喋るようになっています。
【7】
以上、株式会社不二家についてお送りしました。

もっと「不二家」の動画を見る!

この動画も一緒に見られています

  1. 日本ガイシの決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

  2. 【サントリー】ウイスキーの多様な品揃えに迫る!

  3. TSIの売上低迷の原因を分析!
    2018年2月期 決算&業績分析

  4. JR東日本が1日に運ぶ乗客数を解説!

  5. リゾートトラストの売上が連続成長する理由は?
    2018年3月期 決算&業績分析

  6. JR東日本の決算から、売上・利益・業績推移を分析 | 2019年3月期