富山第一銀行の決算を支えた主力事業とは?2018年3月期 決算&業績分析

富山第一銀行の決算を支えた主力事業とは?
2018年3月期 決算&業績分析

この動画の内容を文字で読む
今回は「株式会社 富山第一銀行」の決算を分析します。
富山第一銀行の直近5年間の売上推移は、概ね増加傾向であり、
当期の売上は、327億円となっています。
また、純利益推移を見ると、
当期の純利益は、53.6億円であり、
概ね増加傾向となっています。
では、富山第一銀行で、売上が最も大きい事業はなんでしょうか?
答えは、銀行事業です。
富山第一銀行は、2つの事業を営んでおり、
売上が最も大きい銀行事業では、預金、貸出、為替業務などを行っています。
また、利益でも銀行事業の割合が高く、
富山第一銀行を支える事業といえるでしょう。

この動画も一緒に見られています

  1. パウダーテック、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  2. 東芝テック、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  3. 【ヤマダ電機】家電量販店最大手が挑む、新たな市場とは!?

  4. 共同印刷の決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

  5. 【セブンイレブン】コンビニチェーンの意外な設立目的とは?

  6. ニッキ、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析