ダイヤモンド電機、最高益の理由に迫る!2018年3月期 決算&業績分析

ダイヤモンド電機、最高益の理由に迫る!
2018年3月期 決算&業績分析

この動画の内容を文字で読む
今回は「ダイヤモンド電機株式会社」の決算を分析します。
ダイヤモンド電機の直近5年間の売上推移は、概ね増加傾向であり、
当期の売上は、580億円となっています。
また、純利益推移を見ると、
当期の純利益は、10.2億円であり、
過去5年で、最高益を達成しています。
では、ダイヤモンド電機の最高益の理由はなんでしょうか?
答えは、米国独占禁止法違反への対応に伴う、独禁法関連損失の減少です。
前期からの利益増加を項目別に分析すると、
独禁法関連損失が9億2300万円減少し、最高益に貢献したことがわかります。
なお、ダイヤモンド電機の事業別の売上と利益を見ると、
自動車機器事業が売上・利益ともに最大となっており、

この動画も一緒に見られています

  1. サニックスの決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

  2. 【リコー】360°カメラの会社が挑む新印刷市場とは?

  3. ユニプレス、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  4. 野村総合研究所、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  5. セントラル硝子の決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

  6. 有沢製作所の決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析