コカコーラ、独特な生産体制の謎に迫る!

コカ・コーラの独特な生産体制の謎を1分動画で解説!


ボトラーとは

動画内で出てきた「ボトラー」という言葉。あまり聞きなれない言葉かもしれません。wikipediaによると以下の通りです。

ボトラー (bottler) は、清涼飲料水の濃縮原液を仕入れ、水で薄めて容器(ボトル)に入れて、消費者の手に渡る状態の最終製品にして出荷する会社である。
引用元:wikipedia 2018.03.17

コカ・コーラのボトラー

コカ・コーラの製造・販売がボトラーによって行われていることは、動画で説明したとおりです。さて、日本にはいったいいくつボトラー社があるでしょうか? 答えは5つ。「北海道コカ・コーラボトリング」、「みちのくコカ・コーラボトリング」、「コカ・コーラボトラーズジャパン」、「北陸コカ・コーラボトリング」、「沖縄コカ・コーラボトリング」です。
Coca-Cola Bottling Company of Cape Cod 社
引用元:wikipedia https://goo.gl/rLJicb

各ボトラーについて

北海道コカ・コーラボトリングは、その名の通り北海道を販売地域としています。1963年に設立、コカ・コーラとファンタの販売を始めました。みちのくコカ・コーラボトリングは、岩手県、秋田県、青森県を販売エリアとし、22営業所と1つの製造工場を抱えます。コカ・コーラボトラーズジャパンは、国内の最も大きな規模のボトラーです。

経営の効率化や経営基盤の強化のため、多くのボトラーが経営を統合して、2018年現在は1都2府35県を販売エリアとしています。北陸コカ・コーラボトリングは、富山県・石川県・福井県・長野県を販売エリアとしています。沖縄コカ・コーラボトリングは沖縄を販売エリアとし、6つの営業所を抱えています。それぞれのボトラーごとに、地域限定のドリンクを販売していますので、気になった人は各ボトラーのサイトを見てみてください。

コカ・コーラが日本で広まったきっかけ

ご紹介の通り、日本各地にボトラーができるほど浸透したコカ・コーラ。なぜここまで広まることができたのでしょうか。それにはどこにでもある身近なアレの功績もありました。1分動画でその一部を解説しています。
コカ・コーラの歴史を1分動画で解説!コカ・コーラの歴史を1分動画で解説!

コカ・コーラを発明した人

さて、世界各地に広まっているコカ・コーラ。第二次世界大戦を契機に広まり、今ではまさにアメリカを象徴する飲み物になりました。一体誰が発明したのでしょうか? その意外な人物を1分動画で解説しています。ぜひチェックしてみてください。
コカ・コーラを開発した人を1分動画で解説!コカ・コーラを開発した人を1分動画で解説!

この動画も一緒に見られています

  1. 【アサヒグループ食品】関連会社起点の日本初の商品とは?

  2. 武田薬品工業の薬局販売商品の売上比率について1分動画で解説!

  3. 【伊藤園】お茶から出るゴミ“茶殻”がまさかの大変身!?

  4. 森永のブランド戦略

  5. 【ダイドー】アリナミンとの意外な関係!?

  6. 【DHC】化粧品通販で有名な会社の意外すぎる事業とは!?