【シチズン】多角化に成功した、シチズンの売上構成比!

【シチズン】多角化に成功した、シチズンの売上構成比!

 
この動画の内容を文字で読む
【1】
今回はシチズン時計株式会社の意外な事業についてお送りします。
【2】
シチズンと言えば、時計のイメージですよね。しかし、時計事業の売上は会社全体の半分程度でしかありません。
【3】
では、時計以外にどんな事業が大きな売上をあげているのでしょうか?
【4】
答えは「工作機械事業とデバイス事業」
【5】
時計生産用の機械を開発してきた技術やノウハウを活用した工作機械事業。売上のおよそ15%を占め、特に、CNC自動旋盤は世界シェアNo.1を誇ります。
【6】
デバイス事業では、照明用LEDや高感度光センサーの製造を行っており、売上のおよそ20%を占めます。
【7】
さらには、結婚指輪など宝飾品の製造も行っています!時計製造技術を応用した多角化が成功し、売上に貢献しているのですね。
【8】
以上、シチズン時計株式会社についてお送りしました。

この動画も一緒に見られています

  1. 【味の素】アミノ酸の底知れぬポテンシャルに迫る

  2. 【旭化成】新たに取り組む新事業の正体とは?

  3. 【カプコン】ゲーム会社ならではの面白いCSR活動

  4. 【ヤマダ電機】家電量販店最大手が挑む、新たな市場とは!?

  5. 【イオン】スーパー以外の事業とは?

  6. 【キリン】大手ビール会社と財閥の関係に迫る!!

業種から探す