ブックオフ、赤字の原因とは?2018年3月期 決算&業績分析

ブックオフ、赤字の原因とは?
2018年3月期 決算&業績分析

この動画の内容を文字で読む
今回は「ブックオフコーポレーション株式会社」の業績を分析します。
ブックオフの直近5年間の売上推移は、概ね横ばいであり、
当期の売上は、800億円となっています。
また、純利益推移を見ると、
当期の純利益は、-8.90億円となっており、
赤字に陥っています。
では、ブックオフの赤字の原因はなんでしょうか?
答えは、ハグオール事業の収益悪化による固定資産減損損失です。
当期の業績を項目別に分析すると、
固定資産減損損失を11億円計上し、赤字となったことが分かります。
なお、ブックオフの事業別の売上と利益を見ると、
リユース店舗事業が売上・利益ともに最大となっており、
ブックオフの中核事業と言えるでしょう。

この動画も一緒に見られています

  1. TOKYO BASE、最高益の理由に迫る!
    2018年2月期 決算&業績分析

  2. 太平電業の決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

  3. プリマハム、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  4. サイボウズの多様な人事制度を1分動画で解説!

  5. 小田急の流通事業より大きな収益源を解説!

  6. 前田道路の決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

業種から探す