アバールデータの決算を支えた主力事業とは?2018年3月期 決算&業績分析

アバールデータの決算を支えた主力事業とは?
2018年3月期 決算&業績分析

この動画の内容を文字で読む
今回は「株式会社アバールデータ」の決算を分析します。
アバールデータの直近5年間の売上推移は、概ね増加傾向であり、
当期の売上は、75.8億円となっています。
また、純利益推移を見ると、
当期の純利益は、6.57億円であり、
概ね増加傾向となっています。
では、アバールデータで、売上が最も大きい事業はなんでしょうか?
答えは、受託製品事業です。
アバールデータは、2つの事業を営んでおり、
売上が最も大きい受託製品事業では、半導体製造装置などの製造を行っています。
一方、利益では、自社製品事業の割合が高くなっており、
アバールデータ全体の利益に貢献しています。

この動画も一緒に見られています

  1. 平和堂の売上・利益・業績推移を、1分動画で分析 | ビジネスオンラインチャンネル

  2. 東京エネシスの決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

  3. コニカミノルタの決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

  4. 日本鋳造、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  5. フジメディアの決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

  6. スパンクリート、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析