【旭化成】新たに取り組む新事業の正体とは?

【旭化成】新たに取り組む新事業の正体とは?

 
この動画の内容を文字で読む
【1】
今回は「旭化成株式会社」についてご紹介します。
【2】
旭化成と言えば「ヘーベルハウス」や「サランラップ」が有名ですよね。
【3】
そんな旭化成、実は新規事業を推進しており、住宅事業、マテリアル事業以外の領域で、3本目の柱を創ろうとしています。それは何でしょうか?
【4】
正解は、「ヘルスケア」
【5】
このヘルスケア事業、2010年度には総利益に対し、全体の6%とわずかな領域でした。
【6】
しかし、現在では、利益が3倍以上に成長し、住宅・建材を追い抜き、4つの主要事業中2位に浮上しました。これほどまでに新規事業が成功した例は珍しく、すごいことですね!以上、「旭化成株式会社」についてお送りしました。

この動画も一緒に見られています

  1. JR東海を1分動画で解説!

  2. FCMの決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

  3. リクルートの平均年収・従業員数・勤続年数・平均年齢を紹介 | 2019年3月期

  4. エイチツーオー、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  5. 安川電機、最高益の理由に迫る!
    2018年2月期 決算&業績分析

  6. 伊藤忠商事の平均年収・従業員数・勤続年数・平均年齢を紹介 | 2019年3月期