【アサヒグループ食品】関連会社起点の日本初の商品とは?

【アサヒグループ食品】関連会社起点の日本初の商品とは?

 
この動画の内容を文字で読む
【1】
今回はアサヒグループ傘下の、アサヒグループ食品株式会社についてお送りします。
【2】
同社は、グループの複数社が合併して誕生した、お菓子や健康食品、サプリメントなど様々な食品を製造・販売する会社です。
【3】
中には日本で初めて販売した製品も取り扱っていますが、それは以下のうちどれでしょうか?
A サプリメント
B キャラメル
C ベビーフード
【4】
答えは「C ベビーフード」
【5】
2006年にアサヒグループ入りした和光堂は、日本で初めて国産の育児用ミルクやベビーフードを1917年に発売しました。
【6】
また、2008年にアサヒグループ入りしたアマノフーズは、日本初のブロックタイプの即席みそ汁を1982年に発売しました。
【7】
この2社の共通した製品は「フリーズドライ製品」であること。関連性のあるM&Aを行うことで、強みとなる技術基盤を強化しているのですね。
【8】
以上、アサヒグループ食品株式会社についてお送りしました。

この動画も一緒に見られています

  1. JR東日本の平均年収・従業員数・勤続年数・平均年齢を紹介 | 2019年3月期

  2. マンダムの売上が連続成長する理由は?
    2018年3月期 決算&業績分析

  3. 【三菱電機】5つの事業部門、その売上比は?

  4. ホーチキの売上が連続成長する理由は?
    2018年3月期 決算&業績分析

  5. ヘリオステクノ、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  6. 明和地所の決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析