【味の素】食品のグローバルカンパニーたる海外インフラ

【味の素】食品のグローバルカンパニーたる海外インフラ

 
この動画の内容を文字で読む
【1】
今回は「味の素株式会社」の海外展開ついてご紹介します。
【2】
味の素は世界No.1のアミノ酸メーカーで、主力の食品事業が売上の75%、利益の85%を占めます。
【3】
食品事業では、そのブランド力・商品開発力をいかし、多くのシェアNo.1商品を生み出しています。
【4】
また、実は国内より海外の売上が多く、130を超える国や地域にその商品を届けています。
【5】
それを可能とする生産・販売体制も同社の強みですが、いったい世界にいくつの工場を保有しているでしょうか。
【6】
答えは「118か所」。これだけの工場数を有するメーカーはほとんどありません!
【7】
このことで現地の食文化に合わせた調味料を生産し、タイムリーに世界中の消費者に商品を届けることができるのです。
【8】
以上、「味の素株式会社」の海外展開についてお送りしました。

この動画も一緒に見られています

  1. ニフコ、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  2. 黒崎播磨、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析

  3. 【アイサンテクノロジー】自動運転の実用化で大活躍!

  4. リンナイの売上が連続成長する理由は?
    2018年3月期 決算&業績分析

  5. 日精樹脂工業の決算を支えた主力事業とは?
    2018年3月期 決算&業績分析

  6. ツクイ、最高益の理由に迫る!
    2018年3月期 決算&業績分析